結婚式にはいくらかかかるの?結婚式費用のアレコレ

結婚式費用の相場やご祝儀の見込みを把握

一生に一度の晴れ舞台~悔いの無い結婚式のための下調べ~

夫婦

新郎新婦にとって、結婚式は人生で最も大きなイベントと言えます。悔いの無い素敵な結婚式にするためにも、結婚式に関する下調べを十分に行なっておきましょう。

結婚式にかかる費用の相場

結婚式にかかる費用の相場は、地域によって大きく異なります。現在、平均相場は約330万円となっています。これは挙式代や披露宴、披露パーティーの総額の相場です。ちなみに、全国的に見て関東・近畿・九州地方は比較的相場が高めなのに対し、北海道や沖縄は低めです。ただどんなに費用が高くなっても、結婚式の費用は全て新郎新婦の手元から出されるわけではありません。式を挙げる多くの新郎新婦は、ご祝儀をはじめいろいろなところから得たお金を結婚式の費用にあてています。両親からの援助金はまさにその典型例と言えます。

結婚式の費用内訳をチェック

結婚式を挙げる際、挙式代や飲食代など、様々な諸経費が発生します。ここでその内訳の用途や費用相場を見てみましょう。

挙式
式場のレンタル料や演出、人件費などが含まれています。挙式のスタイルや演出内容によって価格が大きく変化します。費用相場は約30万円です。
飲食代
招待客1人1人への食事や飲み物代です。基本的に「1人あたり◯万円」という形で出されます。1人あたりの費用相場は約2万円です。
スナップ写真
式場側のスタッフ、もしくは式場と提携している業者の方が撮影します。出来上がった写真は式終了後、アルバムやDVDなどに使われることが多いです。費用相場は約20万円です。
撮影費用
ビデオの撮影費用にあたります。撮影する時間帯や編集内容などで価格が変化します。撮影費用に関しては、式場側が用意したカメラマン以外の撮影を不可としているところもあります。費用相場は約20万円です。
衣装費用
案外高くついてしまうのがこの衣装費用です。最近は新郎が式中に2着以上衣装を着ることも増えてきているので、そうなるとその分衣装代も高くなってしまいます。費用相場は2人分で約60万円です。
装花
装花代は花材やそのボリュームなどで価格が大きく変化します。基本的に、プランに含まれている装花代は卓上花のみの代金となっているので注意しましょう。費用相場は約15万円です。
引出物
引出物にかかる費用は、当然招待する人の数に比例します。ただ、招待する人の年齢や関係、予想できるご祝儀の額などに合わせて贈り分けるのが一般的なので、そこを踏まえて計算しなければなりません。費用相場は1人あたり約5千円です。
スタジオでの写真撮影
挙式の前後に新郎新婦の2ショットや親族との集合写真を撮影します。それにかかる費用です。これには焼き増し料金は含まれません。費用相場は約15万円です。

上に紹介したのはあくまで結婚式に必要となる費用で、披露宴や二次会など、更なる出費が考えられます。下記サイトではさらに詳しく費用に関連する情報が紹介されています。予算を決めて準備をしておきたいカップルは、参考にしてみましょう。

予算の組み立て方を明確にしておく

結婚式にかかる費用は、全てカップルの手元から出ていくというわけではありません。そこで、ここでは結婚式における予算の組み方について説明していきます。

結婚式にかかる予算の内訳

自己負担金
新郎新婦2人の手元から使われるお金です。2人の元で管理されているお金なので、計画段階で具体的な数字を出すことができます。結婚式費用が全然貯まっていない状態でも、「毎月◯万円貯める」という計画を立てることで挙式の計画が立てやすくなります。
ご祝儀
結婚式費用の中で、最も大きな割合を占めるのがこのご祝儀です。ご祝儀は式に招待した方から頂くお祝い金です。割合が大きい分、計算を間違えると大変なことになります。事前に明確な額を割り出すことできませんが、招待客の数やその内訳で大まかな額を出すことは可能です。
親族による援助金
「結婚式費用の足しに」と、両親や近い親族からお金を援助してもらえることがあります。ありがたく受け取り、結婚式費用の足しにしまよう。

上に挙げた内訳以外にも、どこからか結婚式費用にあてられるお金が入ってくることがあります。当日出席できない方からの御祝い金(ご祝儀)などはまさにその典型例です。ただこれを含め、イレギュラーなお金は事前に予測することが難しいので、予算からは除外するようにしましょう。

新郎新婦との関係性で変わるご祝儀の相場

上でも説明したように、結婚式費用の大きなウェイトを占めるのはご祝儀です。ご祝儀を頂ける人との関係性をリストアップすれば、最終的にどのくらいの額となるか分かってきます。

  • 新郎新婦との関係性:ご祝儀の相場価格
  • 兄弟姉妹:5万円
  • 叔父・叔母:5万円
  • いとこ:3万円
  • その他親族:3万円
  • 友人:3万円
  • 職場の同僚:3万円

新郎新婦との関係性や人数がある程度把握できれば、上にあげたリストと照らし合わせることでどのくらいの額のご祝儀が貰えるか分かってきます。あとあと大きな赤字を生んだり想定外の事態に陥ったりしないためにも、なるべく早い段階でご祝儀を計算しておきましょう。

ご祝儀の額をシミュレーションしてみよう

ご祝儀の計算方法

まず、誰を呼ぶかを明確にしましょう。そのとき、ただ単に名前を書き出すのではなく、「兄妹姉妹」「親族」「友人」「職場の同僚」の4つの括りで分けて書き出します。これらに括ることのできない招待客がいる場合は、同額のお祝儀を頂けると思えるところにリストアップしましょう。 次に、何名招待するか数えます。兄妹姉妹は◯名、親族◯名、友人◯名……といった感じで、各グループに人数を振っていきます。あとは計算するだけです。そうすれば、最終的に「兄妹姉妹=合計◯万円」「親族=合計◯万円」といった感じになるはずです。これを新郎と新婦、それぞれで行ないます。お互い合計額を割り出せたら、それを合算すると費用がでます。

シミュレーションが簡単にできるサイトの活用

下記サイトなら、入力するだけで簡単にご祝儀の計算ができます。計画的に結婚式費用の準備をすすめておきましょう。

TOPボタン