結婚式にはいくらかかかるの?結婚式費用のアレコレ

ご祝儀の地域別相場を知っておこう!【結婚式費用の計算のために】

地域によって異なるご祝儀の相場

花嫁

新郎新婦の出生地が異なる場合は、相手が生まれ育った地域のご祝儀に関する文化を知っておく必要があります。ここでは、地域別のご祝儀事情について解説していきたいと思います。

北海道はご祝儀じゃなくて「会費」が当たり前!?

北海道では、結婚式のときに招待客から贈られるご祝儀が、「会費」という名称で取り入れられています。昔から北海道では「発起人」という主催者が存在し、その発起人が会費を集めて新郎新婦を祝っていたようです。今でもお祝い金が「会費」と言われているのは、その名残りからでしょう。ちなみに、相場は1万5千円~2万円と全国的に見てやや低めです。ただこれは知人から贈られた場合の相場なので、家族や親族からの会費の額の相場はもう少し高くなります。

その他 地域別のご祝儀文化

東北・関東・中部・近畿・四国の場合
別のページでも紹介していますが、全国のご祝儀の相場は3万円代です。これはあくまで全国の平均です。中にはその例にもれるところもあります。それは関東・近畿・九州です。これらの地域は、他の地域に比べご祝儀の額がやや高い傾向にあります。この3つの地域は、家族や親しい親族が結婚式を挙げるとなった場合、ご祝儀として10万円を包むことがあります。自分もしくは相手の出生地がこれらの地域にあたる場合は、ご祝儀の額が高めになることを見越し、その額に見合った引出物を用意するようにしましょう。逆にこれらの地域で行なわれる結婚式に招待されている場合は、その人との関係性を考えた上で包む額に注意するようにしましょう。
沖縄
全都道府県の中で、最もご祝儀の相場が低いところがこの沖縄県です。家族や親族以外の関係性にあたる人からのご祝儀の額は、基本的に1万円です。ただ、その分結婚式費用は他の都道府県に比べて低めで、上手にやり繰りすれば大きなマイナスが生まれることはありません。また家族や親しい親族から頂けるご祝儀の額は3万円くらいに上がります。引出物の内容や額もご祝儀の額に見合ったものとなっています。

このように、各都道府県及び地域でご祝儀の額が大きく異なることが分かります。お互いの出生地のご祝儀事情や慣習をじっくり考えることは、結婚式費用のやり繰りをする上でとても大事なことなのです。

トラブルを未然に防ぐために前もって知っておきたいこと

結婚式費用に関するトラブルが発生することは、案外珍しいことではありません。何の問題も起こさないよう、結婚式費用に関するトラブルの内容や傾向について見ていきましょう。

費用は見積もり通りにいかないケースが多い

見積もりはあくまで見積もりです。最終的な結婚式費用の合計額が、見積もり額と大きく違った内容となった、というケースはざらにあります。そのほとんどが「予想していた額より高くなった」というものです。「100万円くらい高くなってしまった」というケースもあります。それにはいろいろな要因が考えられますが、主に料理や衣装、ビデオ撮影などのランクアップによるものであるというデータが出ています。新郎新婦や援助金を出してくれた両親がそのことに納得していれば問題無いのですが、片方が独断で決めたとなると、それがトラブルの元になってしまう恐れがあります。そのようなことにならないよう、双方でしっかり話し合いながら式の計画を立てていきましょう。

地域性や家族の人柄によって異なる風習を理解する

招待客に渡す引出物の内容や額は、結構慎重に考える必要があります。と言うのも、ご祝儀の額同様、引出物の内容や額にも地域性が反映されるからです。内容に関係無くサイズ的に大きいものが好まれる地域もあれば、大きなかまぼこが定番の引出物になる、という地域もあります。まさに多種多彩なのです。あとで「引出物はアレにしておけばよかった」と後悔することにならないよう、プランナーや両親に相談しながら招待客全員が満足できる内容の引出物を選びましょう。

費用の心配を解消するウエディングプランナーのサービス

結婚を控えるカップルの結婚式をプロデュースする人のことを、「ウエディングプランナー」と言います。結婚式に関するいわゆる「プロ」であるウエディングプランナーは、あらゆる疑問や問題を解消してくれます。そこで、ウエディングプランナーのいろいろな部分に迫りたいと思います。

ウエディングプランナーを利用が勧められる理由

ウエディングプランナーは、式のプランニングにも長けています。専門式場やホテルなどは結婚式におけるいろいろなプランを用意していますが、ウエディングプランナーは相談者の予算に合わせた式場やプランを提案してくれます。結婚式は、挙げる日の時期や六曜などによって基本料金が異なります。また、同じ結婚式場でもプラン選びによって大きく料金や内容などが異なります。ウエディングプランナーはこれらのことが全て頭に入っているので、相談者に最適な結婚式プランを提案することができるのです。

ウエディングプランナーに聞く【気になる費用の話】

費用・内容ともに満足できる方法はありますか?
重要となるのは、「費用のかけどころと節約どころの明確化」です。結婚式の全体的なイメージを具体的に決めていれば、必然的にどこにお金をかければ良いか見えてきます。演出にお金をかけるべきなのか、招待客に提供する料理や引出物にお金をかけるべきなのか、会場選びにお金をかけるべきなのか、そのようなことです。もちろんお金をかける部分が複数あっても構いません。ウエディングプランナーに相談すれば、2人の結婚式イメージに合わせた良いプランを提案してもらえます。
人数が多いと費用も高くなりますか?
はい、高くなります。ただ、結婚式費用の高さが2人の負担の大きさと比例しているわけではありません。結婚式費用には招待人数に左右されない固定費用もいくつか含まれているからです。逆に、人数が多くなればなるほど費用が安くなることもあります。また、ご祝儀の数(額)も増えます。これらをトータルで考えると、招待人数が増えても特に損をするようなことは無い、ということが言えます。逆に新郎新婦側の負担が減ることが考えられます。

ウエディングプランナーに相談するかどうかも含めて、結婚式の計画は早い段階で考えることがとても重要となります。結婚式費用を極力抑えたい、その上でこちらも招待客も十分満足できる式を挙げたいと考えているのであれば、計画性を持って資金繰りや式の内容を固めていきましょう。

TOPボタン